脳梗塞に気づくには脳ドックに~脳動脈瘤にも気づける魔法の方法~

早期発見して対処が重要

病院

注意を払うことが大切

脳血管障害は、死亡原因のランキングでは下がってきましたが、依然として上位をキープしています。脳血管障害の問題点は、死亡するだけではなくて、発症後に後遺症の発生が多いことです。こうした点から、脳血管障害というのは、早期発見して対処することが、とても重要になります。なかでも京都は、盆地で寒暖の差が激しいために、脳血管障害の発生には注意が必要です。人間の血管は、温かい時には弛緩しているのですが、寒い時には収縮を起こします。この血管が弛緩した状態から、急激に収縮すると、血管の壁が破綻し易くなるのです。この現象が、脳血管で起こると脳出血に繋がるのです。このように、京都は脳血管障害の発生に、注意を払うことが大切になります。

さらに盛んになります

そこで、最近よく京都で利用されているのが、脳ドックです。例えば先述の脳出血は、脳動脈瘤が原因になることがあります。脳動脈瘤の原因は、いくつか指摘されていますが、すべてが明らかになったわけではありません。しかし、この脳動脈瘤の多くは、脳の中に形成されていても、自覚症状がないことが多いのです。そのため、破裂するまで気付かずに過ごしていることが、多いことが特徴になります。これに対して脳ドックを行っておくと、破裂前の状態で、脳動脈瘤を発見することが可能なのです。脳ドックで行われる検査は、いくつかありますが、とくに重要視されているのがMRIになります。MRIは、脳の血管に的を絞って、撮影することが出来るので、脳血管の検査には最適なのです。こうしたことから、京都では脳ドックを行うことが、さらに盛んになると予測されます。