脳梗塞に気づくには脳ドックに~脳動脈瘤にも気づける魔法の方法~

異常が起こる前に

CTスキャン

くも膜下出血といった重大な病気の原因となる脳動脈瘤はできるだけ早めに切除する必要があります。脳動脈瘤は脳の動脈付近にできた瘤です。脳動脈瘤は特にある年齢を超えてから発生することが多く、生まれつきもっているものではありません。脳動脈瘤とよく似た脳動静脈奇形は生まれつきあるものといわれています。脳動脈瘤は大きくなって体の内部を圧迫するか破裂しない限り問題はありませんが、万が一破裂すると非常に危険といわれています。そのため、脳動脈瘤があるかどうか脳ドックを行って確かめることが大切です。脳動脈瘤は神経に問題を起こすため、なにか症状が起こる際は、目に影響がでることもあります。特に視野が異様にぼやけたり、片方の目がうまく開けいないという時は危険なため気をつけましょう。

脳動脈瘤が見つかっても、何もせずそのまま放置する人も少なくありません。破裂や神経を圧迫しない限り特に危険性は高くないためそのように放置する人も多いですが、破裂の危険性を考えると手術を行うのも一つの方法です。脳動脈瘤の手術といってもその瘤を切除するわけではありません。医療機器を使って瘤に血が組み込まないよう瘤と血管のつなぎ目を抑える方法です。瘤に血が溜まらないように防ぐことで、破裂を防ぎます。この方法で治療を行うと、くも膜下出血のような重大な病気を抑えることにもなるため手術を受ける人も多いのです。ただ、どうしても大掛かりな外科手術となるため、どうしても身体的リスクはあります。